TOP

加西市の内科・消化器内科・循環器内科 小野寺医院

しみ・くすみ

当院ではしみ・くすみへの外用薬の治療としてハイドロキノン・トレチノインを併用した治療をおすすめさせていただいております。
どちらも医療機関のみで処方できる医薬品のため一般的な市販の化粧品以上の有効成分を含んでおります。

ハイドロキノンとは

「ハイドロキノン」は、しみの解消に役立つ美白成分です。ハイドロキノンには、しみの元になるメラニン色素をつくる細胞「メラノサイト」の活性を抑制し、メラニンの産生を抑える働きがあり、しみの原因であるメラニン色素をつくらなくさせる「肌の漂白剤」と言えます。また、メラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラノサイトを減少させる作用もあります。

シミを漂白する力は強いのですが、人によっては外用による赤み、ひりつきなども出現しやすい外用薬になります。当院では、刺激が少なく高価の高いナノハイドロキノンを取り扱っています。ナノハイドロキノンは、強力な抗酸化物質として注目されているフラーレンを配合した唯一のハイドロキノン製剤です。



トレチノインとは

トレチノインとはビタミンA誘導体の一種です。通常のビタミンAの約50~100倍もの活性力があると言われます。トレチノインには多くの美肌効果がありますが、特筆すべきは皮膚の細胞分裂を促進させる効果です。古い角質を剥がすピーリング効果、ターンオーバー(表皮の新陳代謝)促進、皮脂分泌抑制などの効果があり、オイリー肌やニキビ肌を改善します。また、お肌のコラーゲンやヒアルロン酸を増やして、しみやしわを改善し、お肌にハリを蘇らせます。ハイドロキノンとの併用で、シミに対してさらに高い効果が得られます。

顔全体のしみ、まだ表皮に現れていない隠れジミ対策にはゼオスキンヘルスのご利用をお勧めいたします。

医師の診断の元、患者様の症状や肌質に処方いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。





0790-48-3737