TOP

加西市の内科・消化器内科・循環器内科 小野寺医院

たるみ

ルメッカ

ルメッカ

LUMECCA(ルメッカ)はシミやそばかす、赤ら顔を同時に治療し、さらに肌の若返り効果も認められる新世代の光治療(IPL)機器です。
高いピークパワーのため、これまでのIPL機器より効果を実感しやすくなっており、5回以上かかっていた治療回数をを1〜3回程度に短縮できるようになりました。
500〜650nm の波長が多く含まれているので、メラニンのみならずヘモグロビンに対しても効率よく反応し、そのため、シミだけでなく赤ら顔にも効果的なのです。

ルメッカの特長

  • 薄いシミから濃いシミ、そばかすにも効果的!
    業界トップレベルの高いピークパワーで、これまでの機器では反応しなかった薄いシミも治療することができるようになりました。
  • 赤ら顔にも効く!
    ルメッカは500〜650nmと、ヘモグロビンに対してよく吸収される波長をピークパワーで照射することができるため、赤ら顔の原因となる毛細血管に対しても効果を発揮します。
  • 肌の若返り効果もある!
    有効な光エネルギーを照射することにより、コラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌全体が若返ります。繰り返すことでさらに美肌へと近づきます。

このような方にオススメ

  • そばかすがたくさんある
  • 顔全体に細かいシミがたくさんある
  • 他のフォト治療で効果を感じられなかった方
  • 赤ら顔を治したい方
  • ニキビ痕の赤みを治したい方
  • 美肌を目指したい方

症例写真

症例写真

症例写真

施術を受けていただけない方

  • 肝斑がある方
  • 日光アレルギー、光アレルギーがある方
  • ケロイド体質の方
  • てんかんや光の点滅で痙攣を起こしやすい方
  • 妊娠、授乳中の方
  • 金の糸など金属が照射部位に入っている方
  • 過度に日焼けをしている方

施術の流れ

医師による診察にてルメッカが可能と判断されたのち、カウンセリングを受けていただきます。
カウンセリングにて予約日を決定
施術日は予約時間の20分前に来院いただき、洗顔をしていいただきます。
施術室にてベッドで横になっていただき、ゴーグルを装着、ジェルを塗布し施術となります。
施術後はジェルを拭き取り、クーリングをした後、保湿していただきます。

施術時の注意点

  • 1週間後にお肌の診察をさせていただきます。
  • 施術後は肌に赤みがあり、ヒリヒリします。できるだけ温めないようお願いします。
  • 反応したシミは一度濃くなり、かさぶたになって1週間ほどで取れていきます。ご自身でめくると色素沈着になる恐れがあるため、自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。
  • お肌はこすらないようにしっかりと保湿し、紫外線対策をしっかり行ってください。
  • すべてのシミが取れるわけではありません。

施術内容のリスク

  • かさぶた、隠れ肝斑の悪化、肝斑の再発、やけど、色素沈着など

よくあるご質問

Q1:痛みはありますか?

A1:照射の際は、眩しい光とともにパチっとゴムで弾かれるような痛みがあります。痛みが強い場合は必ずお申し付けください。

Q2:ダウンタイムはどれくらいですか

A2:施術後から赤み、ほてり、ヒリヒリ感が出現します。翌日には反応したシミが黒く浮き上がってきます。その後かさぶたとなり1週間程度かけて少しずつ剥がれ落ちていきます。

Q3:どの程度の間隔で、何回くらい照射すべきですか?

A3:1ヶ月〜1ヶ月半の間隔で、3〜6回の照射をお勧めします。照射回数が増えるほど肌の若返りが進み、美肌へと近づきます。

Q4:隠れ肝斑があって、悪化した場合の治療法はありますか?その治療は有料ですか?

A4:治療法はありますが、すべて有料となります。ビタミンCやトラネキサム酸の内服、トレチノインとハイドロキノンの外用、エレクトロポレーションなど、その時々のお肌の状況により治療させていただきます。

▶ 料金表はこちら

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは、694nmの波長を用いたレーザー機器です。この694nmの波長は、メラニンに対する吸収率が高く、ヘモグロビンに対する吸収率は低いため、的確にシミを治療することができます。Qスイッチと名のつくレーザーは他にもありますが、ルビーレーザーはこの波長により、他のレーザーと比較して薄いシミにも効果が出やすい、キレの良いレーザーであると言われています。

このような方にオススメ

このような方にオススメ

  • 境界がはっきりした色の濃いシミがある方
  • シミ治療を1回でできるだけ終わらせたい方
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス、遅発性太田母斑様色素斑)を取りたい方
  • 大きなシミを取りたい方
  • 他の治療で改善しなかった方

施術方法

バチッと弾かれたような刺激とひりつきを感じるため、アイスパックなどで冷却し感覚を鈍らせてから照射いたします。それでも痛みが強い場合や、痛みに弱い方は30分程度麻酔薬(有料¥2200)を塗布して、さらに痛みを軽減した上で照射可能です。施術の1時間前にご自宅で貼付してきていただくタイプの麻酔(1枚110円)もございます。

照射後の経過

照射後の経過

基本的に、傷の手当てはクリニックで行います。

レーザー照射当日

院内で専用のテープを貼付いたします。14日目まではできる限りテープを剥がさないようにお願いいたします。
当日の化粧、洗顔、シャワー浴は可能(入浴不可)です。ただし、テープが剥がれないよう細心の注意を払ってください。

翌日〜2週間後

毎日テープの上から処方された薬をたっぷり外用してください。
テープが汚れたり、ふやけて汁があふれてきたら、できるだけ優しくテープを剥がします。
粘着が強い場合は、ぬるま湯などでふやかしながら優しく剥がしてください。レーザー照射後から14日後にはもう一度再診していただきます。受診時に当院でテープを剥がさせていただきます。

注意事項、リスク

炎症後色素沈着

治療部位はレーザーの熱刺激により、治療経過としてかさぶたができます。このかさぶたは、2週間ほど剥がさずに温存しておく方が後々の傷の治りが良いとされています。そのためテープをはりっぱなしにしていただきます。自然に剥がれるまではこすらず、温存するよう心がけてください。無理に剥がしてしまうと炎症後の色素沈着となってしまう可能性が高まります。

色素脱失

頻度は不明ですが、ごく稀に色素脱失といいレーザー照射部位が白く色抜けしてしまうこともあります。この場合、色素の回復はかなり難しいとされています。

ダウンタイム

レーザーの熱刺激により、シミは一旦除去できても、40〜50%の確率で炎症後の色素沈着が起こるとされています。せっかくシミの治療をしたのに、かさぶたがとれた後、以前と同じように、又は、以前より強く茶色い色が出てくるという事です。しかし、それは炎症後の色素沈着であって、シミの再発とは異なるため、一般的には半年から1年間、こすらず紫外線に当てないよう日焼け止めなどでケアしていただくだけで改善し、治療が完了します。1年を経過しても色素沈着が改善しない場合は、もう一度レーザーの適応となります。レーザー後にセラピューティックやシスペラ、ハイドロキノンなどの治療を併用された場合、色素沈着が改善するスピードはさらにアップし、肌全体も若返り短期間で治療が終了するのでオススメです。

施術できない方

  • 光過敏症、光アレルギーのある方
  • 妊娠・授乳中
  • ケロイド体質
  • てんかん、光に当たると痙攣を起こしやすい方
  • 1ヶ月以内にゴルフ、海、プール、スキーなど強い日差しで日焼けをされた方、治療後に日焼けをする可能性のある方
  • 施術部位に金の糸を入れている方
  • 肌色や白色の刺青を入れている部位
  • リウマチの既往歴、金製剤の内服歴がある方(グレリース錠、リザスト錠、リドーラ錠など)
  • 抗凝固剤、抗血小板剤など血液をサラサラにする薬を内服中の方

▶ 料金表はこちら


0790-48-3737