TOP

加西市の内科・消化器内科・循環器内科 小野寺医院

毛髪治療

AGA(男性の薄毛)

AGAは、男性ホルモンの影響で前頭部や頭頂部の毛が徐々に細く軟毛化し抜け落ちてしまう、男性型脱毛症の略語です。日本人男性の発症率は全年齢平均で約30%と報告されています。発症には男性ホルモンと遺伝が関与していると考えられています。

男性の薄毛


AGAの原因

男性ホルモンであるテストステロンは、5α還元酵素の作用でDHTという強力な男性ホルモンに変化します。このDHTが毛乳頭に作用すると、ヘアサイクルが乱れ、毛が十分に成長しなくなります(軟毛化)。軟毛化が進行すると、毛が抜けたり生えてこなくなったりします。
5α還元酵素には1型と2型の2種類があります。フィナステリドやザガーロはこれらの酵素の働きを抑え、軟毛化を防ぎます。


ザガーロ

グラクソスミスクライン社が製造販売する男性型脱毛症の治療薬です。5α還元酵素の1型と2型両方の酵素を阻害することにより、軟毛化を防ぎ、毛髪量を増加、硬くて太い毛髪を増やす効果が期待できます。

フィナステリドもAGA治療薬ですが、ザガーロの発毛効果はフィナステリドの約1.6倍と言われており、薄毛に悩む男性の期待を集めています。

ザガーロの副作用など

副作用に関しては、勃起不全、性欲の減退、精液量の減少、射精障害などが報告されています。薬剤の使用中に発疹、痒みなどのアレルギー反応が見られた際には、直ちに服用を中止し、担当医までご相談ください。

なお、ザガーロは成人男性の治療薬であり、女性や小児に投与することは出来ません。

また、ザガーロは経皮吸収されるため、カプセル内に含まれる成分が空中に飛散すると、女性や小児の皮膚から吸収される可能性があります。もしも薬剤が漏れてしまい、これに触れた場合は、直ちに石鹸と水で洗い流してください。

▶ 料金表はこちら


プロペシア

2型5α還元酵素の働きを抑えることで、軟毛化を防ぎ、太く長い毛を増やします。

プロペシアの副作用

ザガーロとほぼ同じように、性欲減退、勃起不全、射精障害、咳液量減少などが報告されています。また、睾丸痛や抑うつ症状、めまい、発疹などが見られることもあります。

女性や症に関しては、ザガーロと同様、使用することが出来ません。

▶ 料金表はこちら


デュアルゲン

当院では、ミノキシジルの成分が含まれた外用育毛剤「Dualgen-15」も取り扱っています。同製品に含まれるミノキシジルは、FDA(アメリカ食品医療品局)が育毛剤として公式に認可しており、また、日本皮膚科学会でも男性型脱毛、女性型脱毛の治療において、推奨度A(強く勧める)の成分です。このミノキシジルを15%も配合しているのが「Dualgen-15」です。それ以外にも、AGAの原因の1つで、ヘアサイクルの成長期を短くさせるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害し、ミノキシジルの溶解性を向上させるアゼライン酸、ミノキシジルの浸透を促進するレチノールなど、発毛に効果的な成分が配合されています。

使用方法は、「Dualgen-15」に付属する専用のスポイトを使い、ボトルの内の溶液から1mlを上限に採取し、気になる薄毛の部分に垂らし(髪の毛にできるだけかからず、頭皮に直接つけていく感じ)、指先などで薄くまんべんなく塗布していきます。これを1日1回行います。なお同薬はプロペシアなどのAGA治療内服薬と併用することで、より効果的になるとも言われています。


デュアルゲンの副作用など

これまでに頭皮の発疹やふけ、肌の赤みやかぶれ、かゆみ、塗布した部位の熱感といったものが報告されています。

▶ 料金表はこちら


FAGA(女性の薄毛)

女性の脱毛症は、発症時期や脱毛範囲が男性とは異なり、症状や原因も千差万別です。

その多くは更年期に起こり、頭部全体の広い範囲の頭髪が脱毛します。また、年齢とともに進行していきます。それ以外にも10代から20代では、甲状腺の病気や、貧血、急激なダイエット、拒食症などの栄養障害により脱毛していることもあります。

症状や原因の違いはあっても、女性の薄毛にはミノキシジルが最も有効な治療とされています。日本皮膚科学会が発行した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも、ミノキシジルは推奨度A(行うよう強くすすめる)の治療法であるとしています。

当院では、ミノキシジルが3%配合されたリポゲイン による治療を行なっております。


リポゲイン

ミノキシジルが3%と高濃度で含まれるだけでなく、レチノールやアデノシン、ビタミンなどその他の有効成分も含まれており、より効果的です。

成分と効能
  • ミノキシジル・・・FDAが育毛剤として公式に認可している成分。一般では濃度1%のものが市販されています。
  • アゼライン・・・ミノキシジルとの相乗効果により、DHTのレベルを下げ育毛のプロセスを著しく加速させます。
  • レチノール・・・頭皮のコンデイションが整いミノキシジルの浸透が高まる為、ミノキシジルのみの使用より効果が認められます。
  • ビオチン・・・(ビタミンB7)様々な栄養補強に使用される最も重要なビタミン。 髪を強く丈夫にします。
  • ビタミンB3、B6、B7・・・これらビタミンは血行を促進し、毛包に酸素を運ぶことで、発毛を促します。
  • リンゴポリフェノール・・・毛母細胞を増殖させ活性化し、発毛を促進させる効果があり乱れたヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。
  • アデノシン・・・日本の化粧品ブランドの資生堂は『アデノシン』を医薬部外品(育毛料の有効成分として申請し、2004年10月に厚生労働省から承認を受けています。資生堂は『アデノシン』の育毛効果を検証するために、男性型脱毛者102人を対象に、6ヶ月の実使用による有効性試験を実施しました。
    その結果、外観を中心に判定した頭髪全般の改善度は、対照製剤の有効率76.0%に対し、『アデノシン』配合製剤では有効率94.1%と非常に高い効果が認められました。また、薄毛部位の太毛率は有意に増加(平均23% → 34%)し、多くの被験者が太毛化を実感していました。さらに、6ヶ月間の使用で副作用は見られず、その安全性も確認されました。

▶ 料金表はこちら



0790-48-3737