TOP

加西市の内科・消化器内科・循環器内科 小野寺医院

内視鏡検査

日本人に多い胃がんは、定期的な内視鏡検査で早期発見・早期治療が可能です

日本では国民の2人に1人ががんになり、毎年3人に1人が亡くなっています。
がんの中でも胃がんの占める割合は男性で2位、女性で3位と多いのが現状です。
但し、近年では治療法や医療機器の進歩により、一部のがんは早期に発見できれば、治癒率が向上し、完治する割合も増えています。

特に胃がんは早期に発見できれば、お腹を切らずに内視鏡的にがんだけを切除することが可能ですし、臓器の一部を切除する開腹術を受けた場合でも早期のがんであれば術後に再発や転移を防ぐことができます。

胃がんは、何より早期発見・早期治療が肝心です。
早期がんのうちに発見できるために、1~2年に1回の定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

当院での内視鏡検査について

上部内視鏡検査は胃カメラとも言われ、小さなカメラで食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに使われます。当院では、鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡を行っています。直径約3mmほどのスコープを鼻から挿入します。スコープの先には、CCDのビデオカメラが内臓されており画像をモニターで観察しながら、同時に写真を撮ります。 経鼻内視鏡検査は、口から挿入する経口内視鏡に比べて「オエっ」とする嘔吐反射や不快感などの苦痛が少なく、検査中にお話しすることも可能です。全身麻酔も必要無いので身体への負担も少なく、検査後もすぐにお帰りいただくことができます。

内視鏡検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が大きく高まります。特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

胃カメラ検査の流れ

1.診察
問診、腹部の触診などの診察を行い、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。
検査についての詳しい説明をいたします。
患者様のご都合の良い検査の日程を決定しご予約をお取ります。
※胃カメラ検査は条件が合えば、診察後に検査を受けていただけます。

【診察時にお持ちください】
  • 健康保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
  • 検診や人間ドッグで異常を指摘された方は、その検査結果一式
2.検査前日・当日の準備
原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、なるべく夜の9時までに食事を済ませてください。
当日の朝は食べないでお越しください。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。
服装は、なるべく楽な服装でお越しください。
タバコは吸わないでください(胃液が多くなり、検査や診断が困難になるため)。
3.検査当日

その他の注意点
  • 胃カメラにて潰瘍やポリープがあれば、診断のために胃の組織を取り、顕微鏡で見る生検を行うことがあります。
  • 特に痛みはありませんが、胃の粘膜を少し傷つけますので、ごくまれに出血が起こることがあります。
  • 病変部位に身体に害のない安全な色素液を散布し、特殊な光を用いて強調観察することがありますが、痛みなどはありません。

こんな症状の際に胃の内視鏡検査をお勧めします

  • 上腹部が痛む
  • 胃の不快感がある
  • 胸焼けがする
  • のどまたは胸のつかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 体重が急に減った
  • ピロリ菌に感染したことがある
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃の内視鏡検査で発見される消化器系の病気について

以下のような病気の診断・検査に有効です

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 逆流性食道炎
  • ピロリ菌感染症 など


0790-48-3737