TOP

加西市の内科・消化器内科・循環器内科 小野寺医院

たるみ

リフテラV HIFU(高密度型焦点式超音波)

リフテラV  HIFU(高密度型焦点式超音波)

リフテラVとは、HIFUの技術を応用した美容機器です。高密度の超音波エネルギーを利用し、SMAS(表在性筋膜)から真皮層に、60〜65℃の熱だまりを作り収縮させ、コラーゲンの生成を促すことにより、リフトアップ、タイトニング効果を発揮します。

リフテラVの特徴と効果

リフテラVは、ムービングHIFU といい、動かしながら照射を行います。ライン式では、どこにどのように打つか照射部位が決まっていますが、ムービング式では、患者様それぞれのお悩みに合わせた照射(顎下を重点的に、頬を重点的になど)が可能なため、効果を実感していただきやすくなります。

ライン式ライン式
ムービング式ムービング式

また、照射の速度を調節できるため、痛みに関してもライン式に比べると緩和することが可能です。
使用するアプリケーターがペン型なので、顔の湾曲に合わせたスムーズな照射が行え、また、細かい部分にまで照射することができます。
お顔の部位に合わせて、4.5mm、3.0mm、2.0mmのアプリケーターを用い、3層に熱を加えていきます。特に目の周りの照射が得意で、直後から目の開きやすさを実感できます。

※イメージ

このような方にオススメ

  • フェイスラインが気になる方
  • 目元、口周りの小じわが気になる方
  • 二重顎が気になる方
  • 肌がたるんでハリがない方
  • ほうれい線が気になる方

施術を受けていただけない方

  • 強い日焼けをされた直後の方、妊娠中の方、施術部位に金属やシリコンが入っている方
  • ペースメーカーを装着されている方

施術の流れ

お悩み、ご要望に沿った照射を行う為、問診にて確認させていただきます。
洗顔をしていただきます。
リフテラVの照射を行います。照射中に痺れ感を感じた場合はお申し出ください。痛みの感じ方には個人差がありますが、話しながら施術可能ですので、痛みを感じる際にはお伝えください。
施術直後からお化粧可能です。

施術回数

1度の施術でも効果を感じることができますが、複数回の施術を継続することにより、一層の効果が期待できます。初めは1~2ヶ月に1回の治療を3回ほど続け、その後は3ヶ月に1度のペースで受けられることをお勧めします。

施術時の注意点
  • 照射可能な深さは部位により決まっていますが、神経の走行には個人差もあり、痺れなどを感じることがあります。その場合、そこは避けて施術をさせていただきますので、お申し付けいただき安心して施術を受けください。
  • 熱を加える治療ですので、熱く感じることがあります。熱すぎる場合はお伝えください。
  • ボトックス、ヒアルロン酸の施術を受けられている方は、その効果が落ちる可能性があります。
施術内容のリスク
  • SMAS(表在性筋膜)への熱刺激により、頬部に1週間程度、筋肉痛のような痛みが残ることがあります。
  • 治療後に赤みや腫れが生じることがあります。数日間以上続く場合は受診してただきますようお願い致します。
  • 火傷、火傷による水疱、色素沈着、神経損傷を起こす可能性があります。触って痺れたような感じがする場合、1ヶ月ほど続くことがございますが徐々に改善します。

▶ 料金表はこちら


0790-48-3737